福岡市で木の実のクラフトを作っている、ハンドメイド作家mamieの日々です。


by nutscraft

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

オーストラリアの木の実(その2)

オーストラリアと言えばユーカリ、ユーカリと言えばオーストラリア、
なんですが・・・
ほかにも意外なオーストラリア出身の子がいます。

ハワイに行った人のお土産の定番はマカダミアナッツのチョコレートですよね。
柔らかめの木の実のマカダミアはチョコレートとの相性がとてもいいです。
このマカダミアナッツ、ハワイのイメージがありますが
実はオーストラリア出身です。
これもまた古くからアボリジニの人たちが食料としていたものです。
それを発見した英国人が、オーストラリアの植物学者マカダムさんの名前から
マカダミアナッツとしたそうです。
a0052813_22485239.jpg


この木をハワイにたくさん植え、またチョコレートと合わせたことでたくさん売れたそうで、
今ではすっかりハワイの名物みたいになっています。
今のようにおいしくなったのには、品種改良があったようですが
ともかく、出身はユーカリと同じオーストラリアです。
そして同じように、アボリジニの生活になじんだ木の実だったんですね。

余談ですが、この木の実はワンちゃんが食べると中毒を起こすそうで、そのこと最近知りました。
ワンちゃんにはあげないでくださいね、と言いつつ、うちのワンコ食べたことあるような・・・

そうそう、マカダミアって殻が硬いんです。
この木の実の殻を割る道具が出来たことも、普及した理由なのだそうです。
いくらおいしくても、割るのに骨を折るようでは誰も食べたがりませんものね。

この木の実の加工はとても大変です。
私は木の実の加工用に使うノコは、木の実が小さく、もろいものなので、
刃の薄いノコを使っていますが、
マカダミアとクルミには何度もノコの刃を折られています。
まん丸でつかみどころがないので、滑りやすく、
厚みが厚くて、硬い、加工者泣かせです。

だけど、やっぱりこの色やつや、それからぽつぽつある模様は
とても魅力的です。
a0052813_2304794.jpg


硬いので、ストラップやキーホルダーにしても壊れません。
うちにある木の実の中でも数少ない、アクセサリーが作れる木の実です。
a0052813_2259254.jpg


天使ちゃんのお尻に使います。お尻、かわいいな~
[PR]
by nutscraft | 2013-06-30 23:08 | 自然

オーストラリアの木の実(その1)

こないだ、ヘーゼルナッツはどこの国の木の実?というのを書きましたが、
今回はオーストラリア出身の木の実です。
これはもう、言わずと知れた、ユーカリです。
a0052813_2234395.jpg
(工房にあるユーカリ)

ユーカリって、すごくたくさんの種類があるそうです。
500種類とも1000種類とも聞きます。
葉っぱはコアラの主食ですね。
オーストラリアの原住の民、アボリジニも古くから薬草として利用していたそうです。
削るといかにも薬草というような、独特の香りがします。私は好きな香りです。
抗菌作用があるそうで、アロマオイルでユーカリオイルというのが売られています。

それから、アボリジニはこの木の幹で楽器も作りました。
「ディジュリドゥ」という難しい名前の楽器で、白アリが空洞にした幹を利用して作るのだそうです。
映像で見ましたが、細長~い、大きな楽器で、一見笛のようですが、笛ではなく
もっと原始的な打楽器に近いぼっぼっという低音です。
管の中で反響させている感じでした。
世界最古の楽器と言われているそうです。
そんな昔からオーストラリアでアボリジニの生活に溶け込んだ木なんですね。

ユーカリを使って、これまで色々なものを作りました。
a0052813_2235012.jpg


タツノオトシゴの顔がユーカリです。

a0052813_22345624.jpg



がんこさんの体が大きなユーカリです。
[PR]
by nutscraft | 2013-06-30 22:39 | 自然

木の実についての物語、第5弾です。ヘーゼルナッツは外人さん?それとも日本人?

この間から、木の実にまつわるお話を少し書いてきました。
初めのピックアップナッツはソテツ、それからギンナン、ブラジルナッツ、アンズと来て・・・今回はヘーゼルナッツです。
ヘーゼルナッツと言う名前を聞くと、日本のものではない感じですね。
実はこの木の実、「はしばみ」と言って、昔から日本にある木の実です。
但し、今、お菓子などに入っているものや、工房で使っているものは
日本の物ではなく、西洋ハシバミです。
主にトルコからの輸入品のようです。写真の物もそうです。
a0052813_22154796.jpg
ハシバミは「榛」と書きます。
榛色―はしばみいろ と言う色は日本の昔からある伝統色です。
カラーコードで言うと、#bfa46f だそうで、色はこんな色です。
a0052813_222018100.jpg
写真の木の実の色とは少し違いますね。
日本のハシバミを写真で見たのですが、やはり色はそちらに近い感じがしました。

チョコレートなんかの中に入っているので
なんとなく日本とか、伝統とかには関係ないように思えますが
どっこい、昔の日本の子供たちの、山のごちそうだったんだそうです。
a0052813_2232532.jpg
コロンと可愛い、ヘーゼルナッツの電話です。
木の実にあまり接しておられない方からは良く、ドングリですか?と聞かれます。
そうですね、形は違いますが、色はドングリに似ています。
[PR]
by nutscraft | 2013-06-23 22:42 | 自然

とある季刊誌に、ナッツクラフトのページの連載が決まりました。

とある四季刊の雑誌です。4ページ頂きました。すごい!
秋号(8月発刊)からなので、時期が来たらちゃんとお知らせしますね。

今、詰めて頂いている最中で、
私も作品作ったり、写真撮ったり、文章書いたりの課題を
沢山頂いています。

何とか6月最終週までに課題をクリアしたいです。
その後すぐ、太宰府の夏休みの親子講習会の準備もありますからね。

と言うことで明日から、雑誌の準備に入ります。
まずは靴を30足ほど作ります。がんばんべ~~
a0052813_23263257.jpg
(画像は記事と関係ありません。)
[PR]
by nutscraft | 2013-06-14 23:29 | 木の実アート作家の活動

最近 気になるキーワード、「身近な木の実」

わたし、ナッツクラフトを作る中、
最近、色々な方とのお話の中でひとつのキーワードが気になってきました。
それは「身近な木の実」と言うキーワードです。

「ナッツクラフト」はそもそもが私の発案なので、なんの縛りもないわけですが、
その中で、もっと楽しい作品、もっとバラエティに富んだ作品・・・と追求していくうちに
どんどん、知らない木の実を見つけ、入手することに努めてきました。
ここで言うところの木の実は、ナッツクラフトを作れる硬い殻を持った木の実です。

しかし、誰もが世界からそんな硬い殻の木の実を
手に入れられるわけではありません。

しかも、せっかく里山には地元で見つけられる木の実があふれているわけで、
それを利用したクラフトを作りたいと思うのが、人情です。

で、身近な木の実に注目すると
よく知られているドングリでも、20種類余りの種類があります。
硬さで言えば、ムクロジの種は強烈に硬い殻を持っていますし、
ニホングルミ(オニグルミ)だって、そうとうなツワモノです。
これは有名どころで、まだまだ私も知らない奥深い世界が広がっています。

このキーワードが今後の作品作りに何か影響が出るものと思います。

取りあえず、やったことは
展示サイト1展示サイト2のトップページに
Googleのサイト内検索窓を設置しました。
Nuts Craft Shop サイトには、以前から設置しています。
これで、例えば「ドングリ」をサイト内検索すると、どこにドングリの作品があるかを教えてくれます。
a0052813_1035437.jpg
身近な木の実
[PR]
by nutscraft | 2013-06-13 10:14 | 木の実アート作家の活動

種の名前が分かりません。ご存知の方教えてください。

a0052813_1674516.jpg
随分前に頂いたものだと思います。
大きさが分かりやすいように楊枝を一緒に撮りました。
「ゴンズイ」でしょうか?今一はっきりしません。
ご存知の方がおられましたら、こちらからお教え頂けると嬉しいです。

もしかしたら、かぜくささんなら分かるかしら・・・
解決しない時は、おたずねに行きます^^;
[PR]
by nutscraft | 2013-06-11 16:13 | 自然

アンズ―アプリコットジャム―杏仁豆腐―イワトビペンギン・・・この関係

ご近所さんから大量のアンズを頂きました。3.5キロもあります。
う~ん、さてこれをどう使うかな~と・・・
で、ジャムにすることにしました。

レシピは簡単です。

実を良く洗って、包丁で割りながら種を取り除きます。
1kに対して500gのグラニュー糖をふりかけ、一晩置きます。
そうすると、アンズから水分が出てジャブジャブした感じになっていますので、
それを焦がさないように、鍋底に気をつけて煮ていきます。
少しとろみがついて、水分が3分の2くらいになったら、後は冷ますだけ。

これで、もう絶品のアプリコットジャムの完成です。
a0052813_15553358.jpg
3.5キロのアンズで、大きい瓶6本のジャムが完成しました。
おすそわけしたら、とても喜ばれましたよ。

その時に出てきた種が
a0052813_15551916.jpg
これです。私、知らなかったのですが、この硬い種を割ったら白い実が出てきます。
それが杏仁豆腐の材料だったんですって!
知らなかった~!

杏仁豆腐の説明に
中国料理の甘い点心の一種。一般的には、牛乳(生クリームやエバミルクを用いることもある)に杏仁(きょうにん)(あんずの実の種子の白い胚乳の部分)の風味と砂糖を加え、寒天またはゼラチンで固めたもの。
とあります。

さすがにそこまでは作りませんでしたが、
これは貴重な工房の材料にさせて頂きます。

クラフト活用の前に・・・アンズの種に、イワトビペンギンがいました。
a0052813_15551683.jpgほらね!
[PR]
by nutscraft | 2013-06-11 16:07 | 自然

もいっちょ、できあがりぃ~と、アップしました。簡単配置キットの時計です。

ショップはこちらa0052813_10532662.jpg


家は、もう出来上がっています。
なので、配置して接着するだけの簡単キットです。a0052813_114365.jpg
パーツはこんなふうになっていますので、種でアワーマークをつけて、
木の実の家やグリーン、垣根を取り付けるだけで完成する、半キットと言ったところです。
簡単なので、どなたにでも作って頂けます。^^
[PR]
by nutscraft | 2013-06-11 11:05 | 木の実のクラフト新作

最近、ナッツクラフトショップにアップしたものです。

a0052813_927972.jpg
これはフォトフレームのキットです。
前にガラスが入っていますが、後ろの写真を入れる部分にもガラスが入っていて、二重になっています。
木の実のおうちを作って頂くキットです。
今は、うちの作品のハガキを入れています。
「Mother」と言う作品で、顔をギンナンで作った美人のお母さんの作品です。

a0052813_9262625.jpg
これは時計のキットです。
天使を作って頂き、文字盤を作って頂いて仕上げる時計です。
今回、お尻をいつものマカダミアではなくて、ベイゴンフルーツで作ってみました。
すこ~し真ん中に筋がある木の実で、お尻の割れ目みたいで、可愛いんですよ。

a0052813_945533.jpg

それからこれは、定番ですが、掛け時計の完成品です。
大きなお月さまが印象的な可愛い掛け時計ですが、
今回は、それを振り子時計にしてみました。
秒針がカボチャの種の家になっていて、回っています。

以上3種、新作、詳細はショップでご覧ください。
[PR]
by nutscraft | 2013-06-10 09:39 | 木の実アート作家の活動

ブラジルから来たタフガイ―ブラジルナッツはすべてにおいてハードなタイプなんです。

日本人にはなじみのない木の実ですね。まず、どんなものかと言うと
矢印の木の実です。一緒に写っているクルミと比較すると大きさが分かりますね。a0052813_829265.jpg

この木の実、出身は南米、その名の通り、ブラジル生まれです。
ものすごく栄養価の高い木の実で、1日3個食べれば人が生きていけるというほどだそうです。

高いと言えば、この実がなる木はアマゾンで60mにもなる木だそうです。
その木にグレープフルーツ大のヤシより硬い殻でおおわれた実がなり
その中に数十個の「コレ」が入っています。
その高い木から、がっちがちの大きな硬い木の実がどん!と落下してくるらしいのです。
いやはや、考えるだに恐ろしい!殺人トラップです。
でも、現地の人にとっては年収の半分をまかなうほどの収入源だそうです。

日本では、多分売っていたとしても殻を取って塩などで味付けし
おつまみ仕様にした物じゃないかと思います。
私はアメリカのナッツやさんから個人輸入で入手しました。a0052813_850425.jpg
アメリカには殻のままの木の実がたくさん売られています。
ブラジルナッツの殻はとても固いです。食べるのは大変そうです。

出身がアマゾン、ジャングルで、収穫には殺人トラップの危険が伴い
厚さ2センチほどもある硬い外殻、中の木の実の硬い殻を持ち
しかも濃厚なまでの栄養・・・
ブラジルナッツのハードさお分かりいただけたでしょうか。
草食男子なんてへなちょこ野郎は目じゃないぜ!と言っています。

それを可愛く、いとうしいものに変えるのがナッツクラフトの手技なんです。
なんちって・・・あはあは
a0052813_963326.jpgピアノになりました。
[PR]
by nutscraft | 2013-06-07 09:06 | 自然

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
木の実アート作家の活動
木の実のクラフト新作
手作り工房風景
木の実アート作家の日常生活
Nuts Craft
自然
もろもろ

マスコミ取材
読書・本
メディア
受賞
未分類

タグ

(272)
(160)
(142)
(104)
(68)
(62)
(58)
(53)
(49)
(44)
(37)
(23)
(19)
(17)
(16)
(14)
(13)
(10)
(8)
(7)

以前の記事

2016年 02月
2015年 11月
2015年 07月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
アート・デザイン

画像一覧