福岡市で木の実のクラフトを作っている、ハンドメイド作家mamieの日々です。


by nutscraft

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読売新聞「かわら版」の取材で気がついたこと

今日、読売新聞「かわら版」の“おはよう”というコーナーの取材がありました。
来て下さったのは、うら若き乙女のUさんです。
お母さんと私が同い年くらいの娘さんでした。
彼女に木の実のことをいろいろしゃべっているうちに
人の歴史の中に、木の実にまつわる色々な物語があるな~と
あらためて思い出しました。
そこで、何か、そう言ったことをご紹介できないかなと思ったわけです。

で、今回はソテツと言う木の実の物語。
a0052813_19152530.jpg
こんな木を公園などで見かけたことありませんか?南国の植物ですから、日本の真ん中以北にはないかもしれませんね。
結実率は低いですが、木の真ん中にオレンジ色の実をつけます。
実は雌木にしかつきません。雄木が近くにあるという条件付きでしょう。
a0052813_19192481.jpg
オレンジ色の中には、ギンナンの親玉のような実が入っています。

このソテツ、悲しい物語があります。
それは「ソテツ地獄」の物語。

大正末期から昭和初期にかけての時期の大恐慌の中
干ばつなどの追いうちもあり、沖縄では食料がなく
困窮した人々は飢えをしのぐため、野生のソテツを食料にしたそうです。
サイカシンという毒を持つソテツは、食べ方を間違えると命の危険があったそうで、
そうなると家族全員が亡くなるということも、あったようです。
すごい時代、すごい悲惨、ですね。
そんな様子が、国内外のジャーナリストによって
「ソテツ地獄」という文言で伝えられたそうです。
ソテツはそういう、壮絶な歴史をもつ木の実です。

そんな時代があったことも知らないように、おチャラけたクラフトを作っているのは誰だ!
わたしです。
a0052813_19321416.jpg
河童の顔がソテツです。
[PR]
by nutscraft | 2013-06-06 19:34 | 自然

検索

カテゴリ

全体
プロフィール
木の実アート作家の活動
木の実のクラフト新作
手作り工房風景
木の実アート作家の日常生活
Nuts Craft
自然
もろもろ

マスコミ取材
読書・本
メディア
受賞
未分類

タグ

(272)
(160)
(142)
(104)
(68)
(62)
(58)
(53)
(49)
(44)
(37)
(23)
(19)
(17)
(16)
(14)
(13)
(10)
(8)
(7)

以前の記事

2016年 02月
2015年 11月
2015年 07月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ハンドメイド
アート・デザイン

画像一覧